HOME→ニュース&ブログ
2017.10.27(金)
感謝
感謝



ウエストヒルズの皆様へ



お世話になります。山森です。


私、山森優司は一身上の都合によりこのクラブを退社させて頂く事となりました。


21歳から現在までの22年間、スクール生の方々、旧メンバーの方々、ジュニアの選手達、そして仲間であるスタッフの皆様には無数の幸福を頂き、また私の至らないところを大きく助けて頂きました。

22年間の長い間の記憶は今もなお鮮明です。

初期スタッフからの長田さん、篠原コーチ、松本コーチ、横山コーチ、澤野コーチ、安川コーチ、野々山コーチ、東條コーチ、水野コーチ。皆さんとの思い出は今後の自分の礎となると思います。


沢山いたバイトコーチとも多くの時間を共有し楽しかった事しか記憶にありません。 ウエストヒルズのバイトコーチはそのほとんどが仕事に対して真面目で努力家でしたしこのクラブに欠かせない存在でした。

特に私のアシスタントに入ったコーチは要求も多く大変だったと思います。


この仕事の最も有益な事は人との出逢いです。一期一会の想いを大切にしたつもりです。


生徒さんにテニスを指導させて頂き、皆さんの上達に少しでも力添えでき、親しくなり楽しいレッスンの時間を共有できます。


私は時に厳しく熱くなり叱咤激励のつもりが行き過ぎた事もあったかと思います。

それでも皆さんは大きな心で私の至らなさを理解してくれていたと、私の徳の無さを見限らずにいてくれたと思います。

長い方でもう20年近く、スクールでは本当に沢山の思い出があります。
一つ一つの全てをここに書き残したいですがとても多すぎて語りきれません。


16年前に発足したジュニアチームではスタッフの皆さんからそれを私に一任して頂きその責任感や親御さんの大事なお子さん預かる想いを感じ、私の少ない道徳観や正義感の中で選手や人として成長する様に一緒に励んで来ました。


特に一期生はまだ何の結果や名声もない私に着いて来てくれ感謝しかありません。 裕、喜洋、敬士、晴、奈那、礼央、美沙。君らが自分のコーチ人生を豊かにしてくれた。君ら無しでは今の自分が考えられません。

その後今日に至るまで50名強。 ナショナルメンバーに入る選手から先の大会で初めて1回戦を勝った選手まで。脈々と、一期生達に恥じぬよう自分の信念を継承して来たつもりです。

彼らと共にした全国大会や北信越大会、各クラブさんとの練習試合、県大会などこれも語り尽くせません。

良くも悪くもこの理りがコーチとして延いては人としての私を形成させてくれました。

自負すべきは成績や結果には無く、それに至るまでに皆んなと努力を共にした事、それに尽きます。

これまでの人生の過半数年をウエストヒルズで過ごして来ましたが年内にてその終演となります。

様々な想いのあるこのクラブをさる事は寂しく思いますが、ここで培った事が今後の自分の人生に繋がる様、自分らしさを前に出して歩んで行こうと思います。

そして12月のレッスン最終日まで更に感謝の気持ちを持ち私らしく指導できればと思います。



ありがとうございました。


感謝


山森優司