HOME→ニュース&ブログ
2017.03.20(月)
祝 吉野郁哉君 ジュニアデビスカップ・アジア/オセアニア予選 優勝
お世話になります。山森です。


新聞でお知りの方も多いと思いますが、 3月13日から18日までインド・ニューデリーで行われたジュニアデビスカップ アジア/オセアニア予選にて我ジュニアチーム所属の吉野郁哉選手率いる日本チームが優勝しワールドグループへの進出を決めました??



日本チームはラウンドロビンを3戦全勝で決勝トーナメントに進出すると韓国を2ー0、準決勝は台湾に2ー1、決勝ではオーストラリアに2ー1で勝利しました。

準決勝、決勝では郁哉はシングル1で出場しましたが敗戦し、しかし1ー1で勝負のかかったダブルスで勝利し厳しい戦いを勝ち切ったと思います。

帰国したナショナルコーチの岩本コーチから電話で連絡があり郁哉は良く頑張っていたと聞きました。

決勝のシングルスでは6ー4でファーストセットを取るもセカンドは4ー6で落とし、ファイナルセットは泣きながら試合していたそうです。

私自身、郁哉が泣きながら試合した所を見た時はありませんから、岩本コーチのお話をにわかに信じられず、しかし郁哉にそれだけのプレッシャー、特に国を背負ったものが大きく彼にのしかかったのだと感じました。

これまで数多くの大舞台で試合して来た郁哉でさえ感情のコントロールが難しかった訳ですから、彼にはまた未知の世界 を経験し更に成長したと確信します。
シングルスの敗戦を引きずらず、準決勝・決勝ともにパートナーの池田君と良く頑張ったと思います。

今度は9月にハンガリー・ブダペストで行われる決勝大会にての活躍を期待します。